「中華国際佛教学術会議:観音菩薩と現代社会」報告

台北で開催された「中華国際佛教学術会議:観音菩薩と現代社会」にハーンは参加して研究発表をしてきました。

 

この学会は台湾の著名な宗教者である聖厳法師が設立した研究機関「中華佛學研究所」が主催する国際学会で、ハーンがここで発表するのは二回目です。

アメリカの有名なチベット学者ジェフリーホプキンス教授やホセキャベゾン教授も参加していてたいへん盛会でした。

今回の最大の収穫はヴァージニア大学の新鋭デイヴィッド・ゲルマーノさんと意見交換したことです。凄い。これからのチベット学を背負っていく人物の一人です。

この学会での食事は完全にお精進ですので、会期中アルコールもお肉も一切なしです。

 

じつは内緒ですが、一度抜け出してお肉食べに行きました(ネットで公表してどうする!)。

けど町を歩いていて周りの視線が気になる。けっこう目立ってました。やっぱりこの髪型は古風過ぎるのでしょうか?